青汁によく含まれている野菜

美味しい青汁ジュレ↓

青汁の野菜成分

ケール

 

青汁には様々な野菜が含まれています。

 

配合種類が多ければ多い程健康に良い。という訳ではありませんが、やはりたくさんの種類の栄養素を一度に補給できるに越したことはありませんよね。

 

そんな青汁ですが、主成分として用いられている野菜が限られています。

 

栄養面に優れていて苦味も少なくない野菜は、様々な青汁の主成分として使われているのです。

 

では、どんな野菜がよく青汁に含まれているのでしょうか?

 

青汁に良く含まれている野菜とその効果

ケール
ケールは栄養豊富で苦味が少ない野菜なので、多くの青汁に含まれているのではないでしょうか。
がん抑制効果があると評判の野菜で、活性酵素を破壊してくれるので健康に高い効果を発揮してくれます。
食物繊維が豊富で血糖値を下げる効果もありますし、野菜では珍しくカルシウムが豊富に含まれている野菜でもあります。
そのため、ケールだけで食物繊維やカルシウムをはじめミネラル、ビタミンA、Eといった栄養を補えます。
自宅で調理しやすい野菜ではありますがスーパーで見かける機会も少ないので青汁から栄養を補うのが一番でしょう。

明日葉
明日葉も栄養豊富なので青汁の定番成分ですよね。
明日葉にはアミノ酸、カロテン、ビタミンB群、ミネラル類、食物繊維といった栄養素がバランスよく配合されています。
ケール以上の栄養量とも言われている程、健康に高い効果を発揮してくれる野菜なのではないでしょうか。
特に食物繊維の量はケールの1.5倍程にもなります。
最近は、明日葉のカルコンとクマリンという成分が注目を集めていて、これらの成分は殺菌、抗酸化、アルツハイマー型認知症予防等に効果的だそうです。

大麦若葉
大麦若葉には、食物繊維、ビタミン、ミネラル、糖質、たんぱく質、脂質等が多く含まれています。
三大栄養素を大麦若葉だけで補うことが出来るのです。
大麦の中でも大麦若葉が青汁によく使われているのは、その栄養素の高さからでしょう。
たんぱく質やカルシウム、カリウムの量が通常の大麦よりもたくさん含まれています。
また、他の野菜よりも栄養のバランスが適正な部分も高評価。
栄養は、一部に特化していてはいけません。
様々な栄養素がバランスよく含まれている大麦若葉だからこそ、青汁として補って高い効果を発揮してくれるのでしょう。

クマイザサ
ケール、明日葉、大麦若葉は青汁の定番成分です。
しかしクマイザサはあまり聞いたことがないという方も多いでしょう。
クマイザサは、60年の寿命を誇るとも言われている生命力の高い植物です。
豊富な食物繊維、カロテン、ビタミンEを含み、カルシウムやマグネシウム等のミネラル類も豊富に補うことが出来る野菜だと評判です。
栄養価が驚くほど高いので、今後青汁をはじめ栄養摂取のためにクマイザサが使われることが増えるのではないでしょうか。

 

そんなクマイザサを配合した青汁といえば、黒糖抹茶青汁寒天ジュレ!

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレはクマイザサの栄養はもちろん、乳酸菌やオリゴ糖、40種類もの植物原料の栄養を補うことが出来るデザートタイプの青汁です。

 

美味しいのに健康に良い!青汁。
それが黒糖抹茶青汁寒天ジュレなのです。

特別価格の公式サイト↓