子供の野菜嫌い・・早めに解決しましょう!

美味しい青汁ジュレ↓

子供の野菜嫌い・・青汁で早めに解決しましょう!

子供 野菜嫌い

 

子供は離乳食は始まってしばらくすると、徐々に味覚が発達し始めます。

 

今まで喜んで食べていたものを急に食べなくなったり、好きなものばかりを食べるなど好き嫌いが目立つ子もいます。

 

何でも食べる子もいれば、好みがはっきりしている子もいるため、せっかく作った離乳食を食べてくれないなんてこともあります。

 

 

離乳食が終わり、大人とほぼ同じものを食べるようになると、野菜を嫌い絶対に口にしない子が出てきます。

 

野菜嫌いの始まりです!

 

特に苦みがある葉物野菜やニンジン、ピーマンなど独特の味を嫌う傾向にあります。

 

味覚は人それぞれですが、野菜を好きだという子供はあまりおらず、親の工夫によって徐々に食べるようになるようです。

 

子供 人参嫌い

 

野菜はもちろん健康のために欠かすことのできない食べ物です。

 

食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で子供の成長にも必要不可欠と言えます。

 

しかし、自我の目覚めと共に嫌いなものは嫌い!絶対に食べないと決め込む子供も多く、無理に食べさせようとすると泣き叫んだり、逆に意地でも食べないようになってしまうのです。

 

親としては、子供の健康のためにできるだけたくさんの野菜を食べて欲しい願います。

 

どうすれば子供の野菜嫌いは克服できるのでしょうか?

 

 

野菜嫌いは本能だった!!

 

子供の野菜嫌いは元々備わった本能だという驚きの話があります。

 

確かに、子供には「甘いものは美味しいもの」「苦いものは美味しくないもの」と教えたわけではありませんよね?

 

人間は、苦いものには何か異常がある、毒や体に悪いものが入っていると判断するそうです。

 

 

また、酸っぱいものは腐っていて口にするとお腹を壊してしまうという本能も備わっているそうです。

 

ですから、子供で苦みや渋みがある野菜に対して防衛本能が働き、「これは食べてはいけない」「危険なものだ」と判断するのです。

 

食べてはいけないと判断した野菜を好んで食べることは難しく、避けているうちに嫌いな食べ物になってしまうのです。

 

 

ほとんどの場合は大きくなるにつれて、野菜は危険な食べ物ではないと経験で習得します。

 

しかし、どうしても食べることができず、そのまま大人になってしまう人も多いようです。

 

大人になってもニンジンやピーマンは苦手だと言う人は多いですよね?

 

きっと、子供のころに危険な食べ物と判断し嫌いになったのがきっかけで、それを克服できずに育ったのでしょう。

 

 

最近は、嫌いな食べ物を無理に食べさせる学校は少なくなりました。

 

しかし、全ての野菜が食べられない場合は、給食の時に困ったことになってしまいます。

 

ですから、給食が始まるまでに子供の野菜嫌いはある程度解決してあげたいものです。

 

 

子供の野菜嫌いを克服する

 

野菜嫌いな子供に野菜は体に良く、おいしいと教えるのはとても難しいですよね?

 

しかし、大きくなればなるほど克服するのが難しくなってしまうため、できるだけ早い段階で野菜を食べられるようにしてあげましょう!

 

とは言っても野菜嫌いな子に明日から食べなさいと言っても無理があります。

 

徐々に克服させることが大切で、一度食べられる自信を持った野菜はその先も嫌いになることは少ないと言われています。

 

 

それは分かっているが、栄養面が心配だと言う親が多いのは当然です。

 

すぐにでも野菜を食べさせたいものですが、長期戦になることを覚悟し、野菜を食べること以外で必要な栄養を摂取できるようにしましょう。

 

 

最近はとても飲みやすい野菜ジュースがたくさんあります。

 

これを上手に利用しても良いのですが、野菜ジュースの糖分が気になるところです。

 

それを解決できるのが青汁なんです。

 

青汁は苦いイメージがありますが、ジュレなどでデザート感覚で摂取できるものがあります。

 

子供も大好きな味なので、野菜嫌いな子供にも大人気です。

 

青汁ジュレ

 

また、野菜がどう育つのかを教えるためにも、一緒に苗から育ててみるのも効果的です。

 

自分で育てた野菜を食べることで、今までとは違った気持ちが生まれるのではないでしょうか?

特別価格の公式サイト↓