一日に必要な野菜の量

美味しい青汁ジュレ↓

一日350グラムが摂取量の目安

野菜

 

野菜、意識して食べていますか?

 

健康のためにできるだけ野菜を食べようと心がけている人は多いはずです。

 

しかし、ただなんとなく野菜を食べている人がほとんどだと思います。

 

一日に必要な野菜の量の目安は、350グラムだそうです。

 

漠然と350グラムと言われても想像がつかないかと思いますが、定食等で出てくる小鉢のサラダがだいたい100グラム弱です。

 

サラダ 小鉢

 

そのため、小鉢より少し大きめのサラダを毎食食べると、350グラムの目安をクリアする計算になりますよね。

 

こう聞くと大変そうには見えませんが、外食や自炊をしているとなかなかサラダを食べる機会も少なくなってしまうでしょう。

 

 

野菜はただ食べるだけじゃ駄目

 

毎日350グラムの野菜をただ食べれば良い訳ではありません。

 

たとえば、野菜といっても様々な種類がありますよね。

 

もやしは価格も安く食べやすい野菜ではありますが、栄養価が高くないのでもやしを350グラム食べても一日に必要な野菜を食べた計算にはなりません。

 

また、キャベツのみ、トマトのみ、にんじんのみといった偏った摂り方でももちろんいけません。

 

トマト

 

野菜にはそれぞれ様々な栄養素が配合されていて、バランスよく食べるからこそ必要な栄養を補うことが出来ます。

 

偏った食べ方では、偏った栄養しか補給することが出来ません。

 

 

どうすれば簡単に野菜の栄養を補えるのか

 

毎日の野菜を簡単に摂取したい場合におすすめなのが、青汁です。

 

青汁 おすすめ

 

青汁は野菜の成分をたっぷりと凝縮した飲み物なので、沢山の栄養を一度に補給することが出来るでしょう。

 

サプリ違って独特の苦みのある飲み物ではありますが、その分野菜の栄養をそのまま吸収することが出来るでしょう。

 

最近は、粉末タイプ等簡単に作れる青汁も増えてきました。

 

また、味を重視して作られた商品もたくさんあるので、苦味が苦手な人でも飲める青汁もたくさんあります。

 

たとえば黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、珍しいジュレタイプの青汁です。

 

シュガースティックのようなパッケージに入っていて、水等と混ぜることもなくそのまま食べることが出来るタイプの「食べる青汁」が、黒糖抹茶青汁寒天ジュレなのです。

 

小ぶりなので持ち運びも便利ですし、水もシェイカーも不要なので、屋外でも簡単に青汁の栄養を摂取することが出来るでしょう。

 

また、黒糖の自然の甘味を感じられるのでお子様や女性に特におすすめ!

 

美味しいのでついつい一日2本3本と食べたくなってしまう青汁が、黒糖抹茶青汁寒天ジュレなのではないでしょうか。

特別価格の公式サイト↓