お腹の肉に効果的なダイエット

美味しい青汁ジュレ↓

年齢と共に増えるお腹の肉!効果的なダイエット

年齢を重ねるとともに、お腹の肉が増えていくことに悩んでいる人は多いでしょう。

 

中年太り

 

中年太りの原因は、単なる食べ過ぎや運動不足ではありません。
新陳代謝の低下やホルモンバランスの乱れが原因で脂肪がつきやすくなっている可能性があるので、運動や食事制限を頑張ってもなかなか痩せないことがあるのです。

 

お腹の肉を落とすためには、効果的なダイエット方法を考えていく必要があります。

 

年齢を重ねると筋肉が減りやすくなってしまうため、脂肪を燃焼するための代謝まで落ちてしまいます。
健康的でスリムな体型を維持するためには、適度な運動で筋力を保っていきましょう。

 

突然激しい運動をしてしまうと、体を痛めてしまう可能性があります。
ウォーキングや水泳なら、体への負担が少なく、筋肉をつけられるのでおすすめです。
無理をする必要はないので、加齢とともに筋肉が落ちていってしまわないように気を付けていきたいですね。

 

食生活も改善したい人は、米やパンなどの炭水化物を控えてみると良いでしょう。
炭水化物に含まれている糖質は、中年太りを加速させてしまいます。
炭水化物をほどほどに摂取するように心掛けて、野菜や肉も偏りなく食べましょう。

 

 

なぜ、中年になるとお腹が出てくるの?

 

中年太りをしてしまう理由は、単なる食べ過ぎや運動不足だけではありません。

 

そのため、食事制限や運動を頑張っても、なかなかお腹痩せをすることができないケースが多いです。
中年太りをしてしまう理由を知れば、効果的なダイエット方法が見つかるかもしれません。

 

 

中年太りをしてしまう理由で最も多いのが、筋肉量の低下です。
筋肉は、脂肪を燃焼する働きがある新陳代謝を保つために大切なものです。

 

しかし、加齢とともに筋肉が減っていってしまうことがほとんどなので、どんどん痩せにくい体質に変化していってしまうのです。
お腹痩せをしたいときに特に大切なインナーマッスルも、加齢とともに減少します。

 

中年太りを解消するために、まずは筋肉量の維持と増量を考えていく必要がありそうです。

 

年を取ることでホルモンの分泌量も減っていきます。
ホルモンの分泌量が減り始めると、ホルモンバランスを保つことが難しくなり、免疫力の低下や筋肉量の低下につながります。
ホルモンバランスを常に正常な状態に保つのは難しいことかもしれませんが、できるだけホルモンバランスが乱れないような生活を心掛けていきましょう。

 

日常的にストレスを感じている人は、お腹回りに脂肪がつきやすくなってしまいます。
仕事・家事・育児など、ストレスを感じてしまうシーンはさまざまです。
ストレスを感じずに生活するのは難しいことかもしれませんが、日々のストレスが蓄積されていくことで、痩せにくい体になってしまう恐れがあります。

 

例えば、体が常にストレスを感じている状態だと、ホルモンバランスの乱れや血行不良を引き起こしてしまいます。
全身がむくみやすくなり、むくみがセルライトに変わってしまい、なかなか脂肪が落ちない状態になってしまうのです。

 

中年太りを防ぎ、解消していきたいなら、体の冷えにも気を付けましょう。
お腹回りが冷えていると、便秘になりやすくなってしまい、体内に老廃物を溜め込んでしまいがちです。
体内に老廃物を溜め込んでいてはなかなか痩せることができませんし、体が血行不良を起こしてむくみやすくなってしまいます。

 

また、体が冷えているということは、代謝が低下しているサインです。
効率的に脂肪を燃焼していくためにも、代謝を上げて冷えを感じない体を作っていきたいですね。

 

このように、中年太りになってしまう理由はいくつかあります。
自分がどのような理由で太ってしまったのかを考えて、改善方法を見つけていきましょう。

 

 

改善方法

 

中年太りになってしまう理由がいくつかあることはわかりました。
そこで、それぞれの原因にどのように対応し、中年太りを改善していけば良いのかを考えていきましょう。

 

筋肉量の低下でお腹痩せができない場合には、筋肉量を増やすしかありません。
突然激しい運動を始めると体を痛める恐れがあるので、少しずつできる範囲で運動を始めていきましょう。

 

例えば、自宅でできる簡単な筋力トレーニングや、ウォーキングなどから始めてみましょう。
自宅で筋トレを行う場合には、お風呂上りなどの体がぽかぽかとしている状態がおすすめです。

 

体が温まっている状態のほうが効率的に脂肪を燃焼できるので、ダイエットの効果をより早く実感できるはずです。
シャワーを2度浴びることになってしまうのは面倒かもしれませんが、せっかく運動するならタイミングにも気を遣いたいですよね。

 

ウォーキングをする場合には、20分以上行うことをおすすめします。
有酸素運動は、開始20分後から脂肪が燃え始めると言われています。
無理をして激しい運動をする必要はないので、まずは20分以上動き続けることから挑戦していきましょう。

 

ホルモンの分泌量が低下したり、日常的にストレスを感じていることが原因でホルモンバランスが乱れている場合には、毎日少しでもリラックスできる時間を作りましょう。
お風呂上りに温かい飲み物を飲んだり、好きな音楽を聴きながら雑誌を読んだり、自分にとって癒しになると感じることをする時間が必要です。
ゆったりとした気持で過ごす時間を作ることで、身体的にも精神的にも落ち着いて、ホルモンバランスが乱れることを防げます。

 

たった10分のリラックスタイムでも良いので、毎日時間を作れるように努力してみましょう。
育児が大変だという人は、赤ちゃんが寝ているほんの少しの時間をリラックスタイムにしてしまいましょう。

 

 

体の冷えから血行不良を起こしてしまっている人は、毎日しっかりとお風呂に浸かりましょう。
シャワーだけで済ませてしまっていると、なかなか血行が改善されずに、脂肪がつきやすい体になってしまいます。

 

お風呂で体を温め、できれば全身のマッサージもしたいですね。
マッサージをする時間を取れない場合には、血行を促進する着圧タイツを履いて寝たり、体を温める食べ物や飲み物を摂取してみましょう。
ほんの少しだけ体を温めることを意識することで、みるみるスリムになっていきますよ。

 

特別価格の公式サイト↓