毎日の青汁で気になる血圧を下げる

美味しい青汁ジュレ↓

健康診断で血圧が高めと言われたらすぐに青汁!

年に一度の健康診断ですが、中年以降になると、何かひっかかるものがあるのでは?と考えて恐々として健康診断を迎える人も少なくないでしょう。

 

血圧

 

生活習慣病とも言われていますが、その予備軍となるのが高血圧です。

 

健康診断で血圧が高めと言われたら、大きく数値が上がっていなければ、経過観察あるいは注意ということになるのですが、何も手を施さなければ血圧はすぐには下がりません。

 

そういったときはどうしたらいいのでしょうか。

 

効果が高いとされているのが、青汁を飲むことです。

 

青汁は、野菜不足を補うためのものでは?と、思っている人も少なくないと思います。

 

しかし、それだけではないのです。

 

血圧を下げるには、カリウムの摂取が良いとされています。

 

本来、カリウムは野菜に豊富に含まれている成分なのですが、加熱することによってそれが失われてしまうのです。

 

そこで、青汁の登場なのですが、野菜の成分をそのままぎゅっと詰め込んだ青汁はカリウムが豊富に含まれています。

 

このカリウムの働きで、血圧を下げてくれるのです。青汁は水に溶かしてそのまま飲むだけですから、加熱によってカリウムが失われません。
これが、血圧を下げるために青汁を飲むと言う最大の利点となるのです。

 

特に、黒糖抹茶青汁などはカリウムが豊富ですからオススメです。

 

 

青汁でなぜ血圧が下がるのか

 

高血圧を放置しておくと、いずれ血管や心臓に障害をもたらします。

 

心配される疾患としては、動脈硬化や心臓病、さらには脳卒中などです。

 

ですから、高血圧というのは、様々な疾患の温床となるものですから、日常生活の中で特に気をつけたいものなのです。

 

そこで、登場するのが青汁です。

 

青汁を飲むと血圧が下がるとされているのですが、その真相に迫ってみましょう。

 

血圧を上げる要因として、塩分の取り過ぎがあります。

 

塩分はミネラルであり、体にとても必要な成分です。

 

しかし、過剰摂取が特に問題になるのです。

 

現代の人が日常取る食事には、塩分が多く含まれているために、特に食事の面で気をつけなければいけないのです。

 

そこで、血圧を下げるために、大きな働きをしてくれるのがカリウムです。

 

このカリウムは緑黄色野菜に多く含まれているので、野菜を摂取することでカリウムを多く取ることができると考えがちなのですが、加熱処理によってカリウムは簡単に飛んでしまいます。

 

ですから、野菜を豊富に取っても、カリウムを十分に摂取できない可能性があるのです。

 

青汁は、緑黄色野菜の成分をそのままギュッと取り込んでいます。

 

加熱処理をする必要もなく水に溶かして飲むので、カリウムの摂取も容易です。

 

それが、青汁を飲むことで血圧を下げることができると言うことに繋がるのです。

 

血圧が高いことで起こる病気

 

血圧が高いことで、起こる病気は、まずは頭痛や吐き気になります。

 

さらに動悸息切れや倦怠感、さらには体のむくみと続いていきます。

 

これらの、症状で血圧が高めだから気をつけようとなればいいのですが、症状が軽いとついつい放置しがちになります。

 

高血圧の状態が続くと、脳卒中や心臓発作など、命に関わる疾患へと繋がっていくのです。

 

もっとも、これらは急に来るものではなく、発症するまでに様々なサインを起こしてくれます。

 

そのサインを逃さないためにも、年に一度の健康診断をしっかり受けるようにしたいものです。

 

血圧が高いと日頃からわかっていたら、青汁を飲むことで血圧を下げることができます。

 

これは、青汁に含まれているカリウムに血圧を下げる効果があるからです。

さらに、血圧が高いと糖尿病にもなりやすいとされています。

 

糖尿病を治す効果的な薬というのはなく、対症療法になってしまうため、糖尿病を発症する前になんとかして、血圧を下げたいものです。

 

そのために青汁は大きな効果を発揮してくれます。

 

高血圧になると、それを下げるのは大変です。

 

普段の食事の節制もあるのですが、抑止的な食生活は長続きしません。

 

普段の食事を軽めにして、さらに青汁を飲むことで血圧を少しずつでも下げていく方法が長続きする秘訣と言えます。

特別価格の公式サイト↓