コレステロールは青汁で下げる

美味しい青汁ジュレ↓

_毎日の青汁でコレステロールが下がる

長く、コレステロールは健康被害の諸悪の根源のように言われてきました。

 

コレステロール

 

実際、なんでも取り過ぎはよくないのですが、動物性脂肪の多い、肉中心の食事を取っていると、あるいは甘いものの取り過ぎはやはりコレステロールの摂取を増加させてしまうのです。

 

コレステロールの値が高いと何がいけないのかというと、動脈硬化を引き起こす確率が上がることが指摘されています。

 

そして、もっとひどくなると、心筋梗塞や脳梗塞で死に至ることもあるのです。

 

そんなコレステロール値を下げてくれるものとして、近年特に注目されているのが青汁なのです。

 

それは、コレステロール値を下げる働きがあるものとして、ビタミン類や食物繊維が重要になってくるのですが、青汁はこの二つの成分を豊富に含んでいるのです。

 

コレステロール値を下げるものとして、代表的なものがビタミンCです。さらにビタミンE、そしてビタミンB群などを豊富に含んでいるのです。

 

そして、食物繊維です。食物繊維のよいところは、コレステロールの体内への吸収を防いでくれるところです。

 

便秘の解消に効果があるとされる、食物繊維ですが、もっと重要な働きをしてくれるのです。

 

これは、食物繊維が消化されにくい性質を利用しているものであることは言うまでもありません。

 

排出される際にコレステロールを吸着して一緒に出してくれるというわけです。

 

 

コレステロールとは?高いとどんな病気の危険があるのか

 

諸悪の根源のように言われるコレステロールというのは、そもそもどういったものでしょうか。

 

コレステロールは、中性脂肪と同じ脂質の一種で、常に体内に存在するものです。

 

ですので、コレステロールは体にとって全く必要のないものではありません。

 

コレステロールは3つの重要な働きがあるのです。
一つは細胞膜の材料になること、二つめは、ホルモンジョン材料になること、そして三つめは、消化液の材料になることです。

 

コレステロールは肝臓で作られるもの、食事から取るものとで構成されています。

 

ある程度体の機能で分量が調整できるのですが、加齢とともに血液中のコレステロールは増加する傾向にあるのです。

 

俗に善玉コレステロール、悪玉コレステロールと分類されていますが、善玉だからたくさんあるほどいいというわけではありません。

 

コレステロールの値が高いと、動脈硬化を引き起こす確率が飛躍的に上がることがわかっています。

 

そうなると血液が詰まりやすくなるので、心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなるのです。

 

近年では、酸化したコレステロールが諸悪の根源などと言われていますが、コレステロールの値は小さいに越したことがないのはまぎれもない事実ですから、その値には十分に注意しましょう。

 

効果的な青汁の摂取方法

 

コレステロール値を下げるために、青汁はとても効果的です。

 

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群と、さらには食物繊維が一度に取れるのですから、コレステロール値を下げるためには青汁一杯でことが足りると言ってもいいのです。

 

青汁の主原料は大麦若葉です。これには、上述したとおり、ビタミン類と食物繊維が摂取できます。

 

さらには、血中コレステロールの値を低下することができる、キトサンを配合しているのです。

 

さらに、青汁はトクホ(特定保健用食品)取得商品ですから、その効果は保証済みなのです。

 

そのような、コレステロール値を下げる効果のある青汁ですが、普段の食生活の中で、普通に青汁を飲みます。

 

食前や食後に関係なく飲むと良いでしょう。

 

もっとも、飲み過ぎず普通に摂取することが肝心です。

 

一日に一杯でもいいですし、毎食後でもかまいません。

 

放置しておくと、重大な疾患になることもあるコレステロール値です。
この値を下げるにはまずは自分から努力しなくてはいけません。

 

その努力が青汁を飲むことであるならば、これほど簡単なことはないのです。

 

青汁には、コレステロール値を下げるための成分がふんだんに含まれていまから、青汁を飲むことで確実にコレステロール値を下げることができるのです。

 

 

 

特別価格の公式サイト↓